イメージ画像

最新情報

2014年7月23日下半身
ふくらはぎと足痩せ
2014年7月16日下半身
ふくらはぎは痩せないのか
2014年7月9日シェイプアップ・運動
おなかダイエットのコツ
2014年7月2日シェイプアップ・運動
おなかのダイエットに効果的な方法
2014年6月25日メタボ
おなかのダイエット

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ふくらはぎと足痩せ

足痩せによるふくらはぎの変化はあるでしょうか。ふくらはぎが痩せるようなダイエット方法は、数あるダイエットの中でもごくわずかだといいます。足の筋肉を動かして刺激するダイエットや、マッサージで血流を促進するダイエットが、足痩せでは多く見られます。

けれども、ふくらはぎ痩せのためのダイエットでは、運動を行うとふくらはぎの筋肉が強化され太くなることがあります。ふくらはぎががっしりと太くなってしまうことがないよう、ふくらはぎ痩せダイエットでは、運動との兼ね合いを考える必要があります。

自分自身について認識を深めておくことが、運動によるダイエットの効果を向上させるためには必要です。一定量の運動をこなしているという人は、それ以上の運動をすると筋肉が増えてしまうことがあります。結果的に、ふくらはぎ痩せにはつながらない場合も多いようです。

日々の運動量が少なく、ふくらはぎが脂肪で覆われている人は、運動で脂肪を消費することでふくらはぎをシェイプアップできることがあります。もしも脂肪やむくみでふくらはぎが太いなら、運動で代謝を活発にすると効果があるといいます。

ふくらはぎの引き締め効果が期待できるだけでなく、代謝を活性化して足痩せ効果も得られるといえるでしょう。ただし、太ももやふくらはぎはある境以上には痩せさせることは難しいとされています。

2014/07/23 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:下半身

ふくらはぎは痩せないのか

ふくらはぎ痩せはとても難しいとされているようです。体の特定の部分を引きしめたいという目的で、ダイエットに取り組んでいるという人も少なくありません。まだ若い女性の場合、細く引き締まった足になりたいと足痩せを決行することがあります。

ふくらはぎは、太ももと違って脂肪で太くなっているわけではないため、ダイエットがうまくいきにくいようです。ふくらはぎは、脂肪よりも多くの筋肉がついている部分です。足痩せによってふくらはぎを細くしようとしても、なかなか思うようにはいかないようです。

若いうちにスポーツに力を入れていた人の場合、ふくらはぎには筋肉がついていることが多いようです。ふくらはぎに筋肉がついていることが、ふくらはぎの太さの原因である場合もあります。ダイエットは元々、運動を主体として行います。

ふくらはぎは筋肉がつきやすいため、運動によって筋肉がついて太くなることもあります。痩せさせるにはとても大変な部分であるとされているといいます。体調次第で、足がむくんで太くなってしまうこともあります。

ずっと立ち続けの仕事をしているという人は足がむくみやすく、むくみのせいでふくらはぎが太く見えてしまうということもあります。むくみによって太く見えているふくらはぎを痩せさせるには、足をよく揉みほぐして不要な水分の排出や血液の巡りを良くすることです。

2014/07/16 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:下半身

おなかダイエットのコツ

おなかをダイエットで引きしめるには、不要な脂肪を燃やすよう促すことが大事です。おなかの筋肉を使い、脂肪を燃焼させやすいように、ダイエット用フラフープはつくられているようです。おなかを引きしめたい時に役に立つ道具だとされています。

遊具としてのフラフープと異なり、ダイエット用のフラフープは重さがあるつくりになっています。腰の運動をきちんと行わないと回転させることができないため、根気よく運動を継続していくことが求められるでしょう。

フラフープを腰の運動で維持できるようになったら、腰以外の部分でフラフープを回す運動をするのも効果的です。ダイエット用のフラフープでの運動は、おなかの脂肪を燃やすだけでなく、他の部位への影響があります。おなかに限らず、腕や下半身などの色々な場所のシェイプアップも期待できるでしょう。

腹筋によるダイエットを行う場合、モチベーションを高めるためにその日の腹筋回数や運動内容をグラフなどで見える化しておきましょう。日々腹筋ばかりをしていると、飽きが来てやる気が低下するという人もいます。

体にひねりを入れた運動をしたり、腹筋の内容を少し変えるなど、工夫をしながら腹筋をするのもいいでしょう。おなかのダイエット運動は、この他にも幾つかあります。ヨガの中にも、おなかの脂肪を燃やす運動があります。

おなかのダイエットに効果的な方法

ぽこりと突き出たお腹を引っ込めるダイエットには、体を動かす運動が最も効果があります。腹筋を刺激する運動によって行うダイエットは、おなかの脂肪を燃焼させ、ウエストを細くすることができるといいます。テクニックを要するような運動ではないことが腹筋運動の利点です。

体を動かす機会がほとんどないためにおなかに脂肪がついているという人は、少し腹筋をするだけでも疲れてしまいます。朝と晩に30回ずつの腹筋をするだけでも、おなかの筋肉痛で痛い思いをするという人は珍しくありません。

体に負担にならない程度に、継続してできるようなダイエット運動をするようにしましょう。腹筋は家でできる手軽な運動ですが、最初は回数を少なめに設定し、体が慣れてきたら徐々に増やしてくとダイエット効果がアップします。

お腹のダイエットには、フラフープを使う方法も効果があるといいます。フラフープといえば子供の遊び道具という印象がありますが、近年ではダイエット運動用にも活躍しています。ダイエットに用いるフラフープは、子供用のものとは重さやサイズが違います。

ダイエットでおなかを優先してシェイプアップしたいという場合は、腹筋とフラフープを併用してみるのもいいでしょう。おなかを引きしめるために運動によるダイエットをする場合、一週間や10日で効果が出るものではありませんので、継続することが大事です。

おなかのダイエット

近年ではメタボリック症候群が問題視されていることもあり、おなかをダイエットしようとする人が増加しています。決して肥満には見えないけれど、おなかに脂肪が溜まってぽこっと飛び出して見えるという男性は、中年になると途端に増えています。

メタボはおなかに脂肪が多くなると起きやすくなります。ウエストは、食べすぎや運動不足での脂肪がつきやすい場所です。年を取ると段々と増えてくる場所でもあります。ダイエットで体内に蓄積されている不要な脂肪を燃やし、メタボのおなかを脱却してウエストを締めていきたいものです。

おなかに脂肪が蓄積されることによって、女性もずんぐりとした体型になっていきます。おなかのぜい肉を減らし、引き締まったウエストになることは、ただ単にダイエットで体重を減らせばできることではありません。

おなかの脂肪を燃やすためのダイエットをすることで、目指すプロポーションになることができます。おなかの肉は、運動をする機会が少ない人ほど蓄積されやすいようです。

全身の脂肪を燃焼させるよう、体全体を使った運動によってダイエットを継続していけば、おなかを引きしめることが可能です。運動を習慣づけたことで、ポッコリと出ていたお腹を引きしめ、ダイエットがうまくいったという中年の男性も数多くいるといいます。

2014/06/25 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:メタボ

このページの先頭へ