イメージ画像

最新情報

2014年12月17日体脂肪・皮下脂肪
ダイエットとセルライトの関係
2014年12月10日シェイプアップ・運動
早く痩せる運動方法
2014年12月3日食事
早く痩せるための食事の方法
2014年11月26日ダイエット方法
早く痩せる方法とは
2014年11月19日食事
スープを効果的に利用して痩せる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ダイエットとセルライトの関係

この頃セルライトという単語を目にしますが、ダイエットとどういった関わりがあるのでしょう。セルライトというのは、思春期をすぎたほとんどの女性に見られる脂肪の塊のことをいいます。

セルライトができると、皮膚の表面が凸凹になります。毛細血管の間にある脂肪細胞が、血流不足によって浮き彫り状態になるとセルライトになります。コラーゲンや不要な老廃物、水分などがついたものが、セルライトと呼ばれます。

肥満とセルライトは密接な関わりがあります。老廃物とつながったセルライトは代謝が難しく、脂肪を溜めこみやすくなります。どれだけダイエットをしても脂肪が減らせないという人は、セルライトの増加が関係しているといいます。

ダイエットに励んでもなかなか結果が出なくなってしまうので、セルライトをなんとか解消することが大切です。一度できてしまったセルライトは、ダイエットや運動で解消することはできません。セルライトができてしまった人は、こまめに温めてマッサージをするようにしましょう。

血液が流れやすい体質になるよう、代謝の高い状態を維持することも効果があります。代謝を高めるには、半身浴や温冷入浴が効果的です。万全の冷え対策を講じることで、代謝が低下しないようにすることも大事です。ダイエット効果が体に現れやすいようにするには、まずセルライトを何とかすることです。

早く痩せる運動方法

運動をすることで、早く痩せる効果が期待できます。確実なダイエット効果を得るには、どんな運動が望ましいものなのでしょう。ダイエットでは基礎代謝の高い体質になると有利ですが、運動をして筋肉をつけると、筋肉がカロリーを使い基礎代謝の向上に役立ちます。

20代の女性は1日の基礎代謝が1,200カロリー、30代の女性は基礎代謝が1,170カロリーです。平均より基礎代謝の高い人は、体を使った仕事が多い人、運動やスポーツを趣味にしている人など体をよく使っている人です。

基礎代謝をアップさせるには、運動すると言うのは一番簡単な方法です。運動は苦手だからとしないで、食事制限だけで早く痩せることができないかという人もいるようです。けれども、カロリー摂取量を減らしても、体重は減らせるものではありません。

運動はウォーキング、ジョギング、ダンベルなど、どんなものでもまずは実行してみるといいでしょう。早く痩せることを目的とした運動であれば、1度に30分以上、毎日はしなくてもいいので1週間に3回~4回を目安に行うようにする必要があります。

血中脂肪だけでなく、蓄積されていた脂肪を使うために、ある程度の時間の運動が求められます。せっかく運動を始めても、あまりにも時間が短いと、脂肪があまり燃焼しないうちに終わってしまいあまりダイエット効果が期待できません。

早く痩せるには、積極的に体を動かしエネルギーを使うことや、カロリー摂取に気を配り体に必要な成分を補給するという方法がよいでしょう。

早く痩せるための食事の方法

食事内容を変えることで早く痩せるという方法が知られています。痩せるための食事方法の改善と言うのは、低カロリーの野菜サラダや、こんにゃく、豆腐などばかり食べると言うこととは違います。

早く痩せる為にはカロリーを減らすと言うのは、常識です。食事によるカロリー補給が少ない状態が続くと、環境的な問題が発生したと判断した人間の体は代謝を低下させます。そうなると、体は低カロリー環境に対応しようとするため、食事を減らしても体重が減りません。

肉や油脂は高カロリーですが、早く痩せるためにと一口も食べないという方法では期待する効果は出ません。こまごまとカロリー計算が必要になるようなダイエットメニューは大変ですが、手軽にできるダイエットメニューがあります。

早く痩せる食事方法は、朝食にはご飯やパンと言った炭水化物に加えてフルーツなどを食べ、そして昼食は普通に食べます。夕食を、野菜を中心にした食事をするのが理想的です。早く痩せる為には、夕食後は入浴して寝るだけなので、炭水化物をなるべく少なく摂るようにしましょう。

もしも、従来までの食事量が多く、血糖値が充分高くならなければ満腹中枢が機能しなくなっているなら、一層の注意が必要になります。1日3回、腹八分目で満足できるような食習慣をつくることが大事です。

お腹が苦しくなるくらい食べるのが普通と考えていては一向に痩せられません。糖質の少ない食事に慣れることが、早く痩せる方法になります。

2014/12/03 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:食事

早く痩せる方法とは

様々なダイエットに挑戦しているけれど、早く痩せるにはどんな方法がいいかわからないという人がいます。特に海に行く、プールに行く、デートがあるなどイベントに合わせてダイエットする人もいます。その日までに早く痩せる方法があればいいのにと誰もが思います。

どういうダイエット方法なら、早く痩せることができるでしょう。早くという言葉に明確な規準はありませんが、2週間から1ヶ月を区切に早く痩せることはできるといいます。3㎏/1週間、あるいは2㎏/3日というハイペースでのダイエットができるというCMもあるといいます。

短い期間で痩せることができるとはいえ、その実体内の水分量が減る程度で脂肪量は変わっていないこともあるようです。3日や1週間程度の短期間で痩せようとすると、極端にカロリーを減らしたりするものが多いものです。

ダイエット期間が過ぎた後に、リバウンドと言って痩せた体重が戻ってしまったり、ひどい時はそれ以上太ってしまうリスクもあります。前提として、日々の活動で使うカロリー量より少ないカロリーを食事で摂取するようにすることで、早く痩せる方法を実行することができます。

重要なポイントとして、食事を減らすだけでのダイエットは避けましょう。運動と食生活の両方を見直すうような方法でダイエットをすることによって、早く痩せるだけでなく、健康的に痩せることができます。

スープを効果的に利用して痩せる

ダイエット用のスープには、痩せる作用が幾つもあります。使う食材の組み合わせによっては、脂肪を燃焼させる効果が高まります。ダイエットスープは誰でも簡単に作ることができます。カロリー計算や料理があまり得意ではない人でも、健康的に痩せることができるメリットもあります。

ダイエットスープは、代謝を高めることで冷え症への対策を立てることができます。カレー粉、とうがらし、生姜などをスープに加えることで、代謝を高めることができます。味噌味のスープ、トマト味のスープなど、バリエーションを変えることで長く楽しめます。

季節の野菜を使ってアレンジスープにするという方法もありますし、野菜以外の食材を使うなどの工夫を楽しむこともできます。痩せるためのスープは、更にご飯を加えることで、リゾットや雑炊などにも活用できます。中に入ったごはんが水分を吸収するので、カサが増え、より少ない量で満腹感を得ることができます。

少ない食事量でストレスの溜まらない食事をするには、食事前に水分を多めに取り入れるという方法が有効です。味噌汁やスープを早い段階で摂取すること、短時間で食事を済ませないことがコツです。ダイエットスープや具だくさん味噌汁を料理メニューに組みこむことで、自然と痩せることができるといいます。

2014/11/19 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:食事

このページの先頭へ