ダイエット時のカロリー制限では、雑炊を使ったメニューが役に立ちます。

雑炊に使うご飯の量は多くはないですが、十分に一食分のボリュームになり、カロリーを抑えられます。

いつもの雑炊に一工程加えることで、ダイエット中の食事に合う雑炊を食べることができるようになります。

まずダイエットスープを作ります。

このスープを雑炊に用いることで、特性のダイエット雑炊を作ることができます。

キャベツ、たまねぎ、トマト、セロリ、ピーマン、にんじん、しょうがを使ってスープを作るのが、ダイエットスープの特徴です。

昆布だし、かつおだし、鶏がらスープが味付けの元になります。

ご飯とスープを合わせて雑炊にすることで、腹溜まりも良くなり、代謝を促進することが可能になります。

味つけを工夫することで、リゾット風味の雑炊にもできます。

トマトソース、カレーパウダー等を活用すれば、雑炊とはまた一味違う味を楽しむことができます。

最近では、レトルトのダイエット用雑炊も人気です。

自炊が難しいという場合は、ダイエット食品を買うという方法があります。

ダイエット効果がある雑炊は、まとまった量を購入することで、幾つかの味の種類がパックになって販売されていることもあります。

ダイエットのために用いることを前提とした雑炊は、少ないカロリーで満腹度の高いものが工夫されています。