ぎっくり腰がなかなか治らない、痛みが続くっていう場合は、坐骨神経痛になっていることがあるらしいよ。

もしぎっくり腰をして、しばらくしても痛みが取れないどころか悪化したり、足にしびれが出てきた場合は坐骨神経痛の可能性がかなり高いと考えられるんだって。

そもそもぎっくり腰とは何かというと、急な動作や重いものを持ち上げようとしたときに、腰の筋肉や人体を痛めてしまうことをいうみたいなの。

よくピキッていう音なんかで表現されるけど、どうしてこんなことが起こるかというと、腰の疲労の蓄積が原因なんだって。

ぎっくり腰は幅広い年齢層で見られる疾患だけど、人によるとくしゃみや咳をしただけでぎっくり腰になることもあるみたい。

ぎっくり腰を何度か経験していると特に、そのうち治ると思って放っておく人も多いみたいだけど、それでは症状が改善されないことも多いから、病院にかかることが推奨されているわ。

どうしてぎっくり腰が坐骨神経痛につながるのか。坐骨神経痛は、腰から足先まで伸びる坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることで起きる痛みや足のしびれなんかの症状をいうみたいなの。それにその原因の80%は固くなった筋肉だといわれているみたいよ。

腰の疲労の蓄積がぎっくり腰の原因って話したよね。疲労が蓄積すると筋肉が固くなるらしいの。ぎっくり腰のせいでその筋肉が炎症を起こすと、もっと筋肉は固くなっちゃうみたい。それが坐骨神経を圧迫することによって、坐骨神経痛が引き起こされるんだって。

坐骨神経痛になると痛みの範囲も広がるし、しびれなんかの症状も出てくるんだそう。たかがぎっくり腰と放置するんじゃなくて、ぎっくり腰のうちに対処する方がいいと思うよ。