坐骨神経痛でふくらはぎが痛いと感じる原因は、主にお尻や足の血行不良だと考えられているらしいよ。だから、その痛みの甲斐性には血行を良くしてあげることが大事だとされているみたい。

坐骨神経痛は坐骨神経が、凝り固まった筋肉で圧迫されることによって起こるの。坐骨神経は、お尻の大殿筋、太もものハムストリングス、ふくらはぎのヒラメ筋を通っているから、ふくらはぎが痛いと感じる場合はそんな筋肉の凝りが原因となっているんだって。

お尻周りや股関節のストレッチやマッサージをすることは、ふくらはぎの痛みの解消だけじゃなくて、他の坐骨神経痛の症状の甲斐性にも効果的らしいよ。特にふくらはぎの痛みが気になるっていう場合は、お尻からふくらはぎにかけて重点的に行うといいみたいね。

それとデスクワークとかで長時間座っている状態が続くと、ふくらはぎが痛くなる、痛みが増すっていうこともあると思うわ。それは座り続けることで、お尻や太ももが長時間圧迫され続けるかららしいの。逆に立ち続けるのも、筋肉の緊張が続くからよくないらしいわよ。

長時間同じ体勢でいるのは控えて、定期的に立ち上がったり、歩いたりするといいみたいよ。

それと身体の直接的な冷えもよくないんだって。しっかりお風呂につかったり、骨盤周りや痛い部分にカイロを張ったりすることも効果的らしいよ。それにレッグウォーマーなんかでふくらはぎが冷えないするようにするのも効果的みたい。

痛みで目が覚めたり、寝起きに痛いと感じやすい場合は、寝ている間の冷えが原因だってことも考えられるから、寝る時にレッグウォーマーをしたりして冷え対策をすることがおススメよ。