坐骨神経痛っていうと、腰の筋肉が固くなって起きるっていうイメージを持っている人も多いみたいね。

でも臀部、つまりお尻の凝りが原因で坐骨神経痛になる例も珍しくないみたいよ。

臀部には梨状筋とよばれる筋肉があるの。梨状筋は坐骨神経のすぐそばにあるから、梨状筋が凝って固くなると、坐骨神経を圧迫しちゃって坐骨神経痛が起こるんだって。これを梨状筋性坐骨神経痛と呼ぶんだそう。

その位置関係からも、梨状筋が固くなると坐骨神経が圧迫されやすいから、この部分の凝りがもっとも坐骨神経痛になりやすいとも言われているんだって。

梨状筋のコリの原因は、臀部全体の筋肉が固くなっていたり、上手く使えていないことが考えられるみたい。梨状性坐骨神経痛は、重度の場合は手術が必要なこともあるらしいの。でも軽度のものであれば、臀部をほぐすことで解消されることがほとんどなんだって。

臀部のコリが原因の坐骨神経痛を解消するには、その部分をほぐす以外にも、臀部の筋肉をうまく使えるようにする方法も有効みたいよ。うまく使えるようになると新たな凝りを防ぐことができるからなんだって。

それと、温めたり、ストレッチをする、ツボを押すっていう方法も効果的みたい。

まずは坐骨神経痛の原因が何なのかを専門家に見てもらうことが大切。そしてその原因が臀部の凝りだとわかったら無理のない範囲でセルフケアをしてあげると、痛みの緩和だけじゃなくて、再発の予防にもなるらしいからおすすめよ。