坐骨神経痛の直接的な原因は、固くなった筋肉らしいの。固くなった筋肉が坐骨神経を圧迫しちゃって症状が出るんだけど、筋肉が固くなる原因に骨盤のゆがみがあるみたい。

骨盤には、その上にのっている背骨をささえる土台の役割があるの。その土台がゆがんでしまうと、当然、上にある背骨にも大きな負担がかかってしまうわ。背骨がその負担のせいでゆがむと、それによって腰やお尻の筋肉に影響して固くなっていくの。

それが坐骨神経を圧迫するんだって。しかも坐骨神経痛の9割が腰回りのゆがみによる神経の圧迫だっていわれているみたいよ。

だから骨盤を正しい状態に矯正することは、坐骨神経痛の根本的な原因を取り除くこととも言えるらしいの。

実際、整形外科なんかで痛み止めや運動療法で坐骨神経痛の治療をしていたけれど痛みがなかなか取れなかった、坐骨神経痛が定期的に出てくる、なんていった人が骨盤矯正を行ったことで解消されたっていう例はよくあるらしいよ。

骨盤がゆがむ原因には、骨格を支える筋肉=インナーマッスルの低下、股関節のねじれ、日常の癖なんかがあるんだって。

普段座るときに足を組む癖があったり、カバンを片方ばかりにかけたり、横向きに寝たり、日常何気なくやっている動作のなかにも骨盤をゆがませる原因が多く含まれてるみたい。

骨盤を矯正する方法には、整骨院とかで施術を受ける方法や、骨盤矯正ベルトを使う方法とかがあるけど、それに加えて、骨盤のゆがみの原因になるような行動をしていないか日常の癖を見直すことも大切みたいよ。

坐骨神経痛がなかなか治らないと悩んでいるなら、骨盤のゆがみがないかチェックしてみるといいと思うよ。