子供が2歳を過ぎたあたりから、幼稚園はどこに通わせようかと情報収集を始める人は多いですが、早生まれの子供の場合、何歳から通わせるのか混乱することはよくあります。

幼稚園には「2年保育」と「3年保育」のところがあり、「3年保育」だと満3歳から入園することができます。これは早生まれの場合も変わりません。

入園式のある4月に満3歳になっている必要があるので、4月生まれの子供はすぐに4歳になり、3月生まれの子供は3歳になりたてで集団生活を送ることになります。ほぼ1年の開きがあるので、発達には大きな差があります。

一緒にクラスの活動をすることになるために、早生まれの子供の親は焦りがちですが、幼稚園の先生がサポートするので不安に思う必要はありません。

また、幼稚園や保育園には必ず通わなければならないような風潮がありますが、そのようなことはありません。

義務教育ではないので満3歳を過ぎていれば、小学校入学までなら何歳からでも入園できるので、引越しや健康のことを考えて年度の途中から入園しても構わないのです。

何歳から通わせるか、勉強に重点を置かずのびのびと過ごさせるところにするか、英語などの勉強に力を入れて小学校の入学に備えるところにするかなど、よく考えて入園させましょう。