正しい歩き方を身につける必要があるのが、ウォーキングダイエットを実践する場合です。

歩き方次第で、ダイエットの効果は大きくも小さくもなります。

正しいウォーキングは、背筋をまっすぐに伸ばし、膝を曲げすぎないようにして、つま先で地面を蹴るようにして歩きます。

軽く腕を曲げ、大きく振る歩き方が、ウォーキングにはおすすめです。

せっかくのダイエット効果を損ねてしまいますので、上下左右に揺れたり、膝を曲げて歩くのはよくありません。

案外多いのが、初日にやる気がありあまって歩きすぎてしまい、三日坊主に翌日以降に体が痛んしまってなるというパターンです。

重要なのは、自分にとっての適量を継続することではないでしょうか。

体調管理を第一に考えて、睡眠不足の時やだるい時、頭痛やめまいがする時などはウォーキングを休んだり、運動量を減らす工夫が大事です。

ウォーキングは屋外での運動になりますので天候に注意し、必要ならば水分の摂取を忘れないようにしましょう。

最初にウォーキングダイエットを始めるとよくあるトラブルというのが、靴ずれです。

よく靴ずれをおこすのが、ウォーキング慣れしていない靴や新しい靴です。

靴はなるべく足に合ったものを選び、足に靴を合わせる工夫をインソールなどを使ってするようにしましょう。

ダイエットは、快適なウォーキングで、確実なものにしていきましょう。