皮膚の若返りを阻害し顔を老化させてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。

加齢と共にしみ、しわ、たるみが目につくようになるのは、主に2つの要因によります。

顔の老化の一番の原因はコラーゲンの減少です。

コラーゲンが減少すると肌の保水力が衰えます。

水分を保持しておけなくなった皮膚は代謝が悪くなり、表面ががさがさになります。

そして皮膚のガード力を失い、真皮層の水分がより蒸発しやすくなってしまいます。

角質層にトラブルが起きると、外界の刺激が入り込みやすくなります。

ターンオーバーの最中だった皮膚が外界の刺激に負けてしまうことで、新しい細胞が適切に現れなくなってしまうわけです。

外部からの刺激を受けずに新しい皮膚が表面に現れるサイクルを守らなければ、若返りはできません。

筋肉を長時間同じ状態にしておくことも、皮膚の若返りを邪魔します。

一つの筋肉を四六時中使っていると、その筋肉だけ強化され、たるみやしわがつきやすくなります。

顔に張り巡られている表情筋を動かすには、表情を変えることです。

表情筋を積極的に使えるよう、日ごろから笑う機会を増やしていくことが効果があるといいます。

目元は顔の中でも最も乾燥しやすい部分ですし、表情の影響を受けやすい部分でもあります。

最近では、顔の若返りのためにエステのコースや医療クリニックなどが対応しています。