クレンジングジェルの使い方についてです。

ジェルタイプのクレンジングを、オイルやミルクタイプのクレンジングの他に使用している人もけっこういるようです。

ほかのタイプと同様にきちんと使わなくては効果が半減してしまうのが、クレンジングジェルです。

正しいクレンジングジェルの使い方はあるのでしょうか。

最初にクレンジングジェルを手につけてから、額、頬、あごと鼻に少しずつつけていくと良いでしょう。

最初に指の腹で円を書くように顔全体に伸ばすつもりで、優しくクレンジング剤を伸ばしていくと良いでしょう。

ゆっくりと、特に汚れが多い鼻部分や目元は十分に時間をかけて、マッサージしていきます。

マッサージで大切な事は、肌には負担をかけないように、クレンジングジェルを良く伸ばして、肌になじませる事です。

ぬるま湯で、クレンジングジェルと汚れがよくなじんだら、よくすすぐことです。

ふき取るタイプのクレンジングジェルもあるようで、なじんだ後にティッシュなどできれいにします。

ふき取る時にどうしても負担が肌にかかりがちなのが、拭き取るタイプのクレンジングです。

すすぐタイプを使うとよいのは、とくに肌のくすみが気になる人です。

油分や高分子化合物が、ファンデーションや口紅など化粧品には汗などで落ちないように、使われているといいます。

特に気をつけたほうが良いのアイメークで、クレンジングジェルで落とす際は落ちにくくなっているので、2度洗いなどしてメイクが肌に残らないようにすることです。