専門家でなくても使えるようにレーザー美顔器の出力は抑えめですが、それでもレーザーであることは事実です。

そのため、取扱いにはいくつか注意が必要です。

レーザー美顔器のレーザーは、くれぐれも眼球に向けて照射しないようにしましょう。

レーザーは黒に反応し、くすみやしみを構成するメラニン色素を破壊するように作られています。

どのような場所であれ、レーザーは黒い色に反応します。

そのため目にレーザーが当たると、黒目の部分に反応してしまいます。

特に目の下などの目に近い場所の皮膚は色素沈着を起こしやすい場所です。

目の近くの皮膚にレーザー美顔器を用いるという方は大勢いるでしょう。

目にレーザーが当たらないよう、細心のチェックが必要です。

レーザー美顔器は、日焼けや肌トラブルで炎症がある時や、傷がある箇所には使わないようにしましょう。

肌は、レーザーを受けることで案外と強い刺激を受けます。

肌が刺激に強くないという人は、顔以外の目立たない場所にまずレーザー美顔器を使ってみましょう。

レーザー美顔器の使用回数は1日1回以内と決まっているところが多く、過剰に使用すると良くないことが多いようです。

レーザー美顔器を使う時は取扱説明書の内容を厳守し、肌に負荷をかけすぎて肌を傷めてしまわないように様子を見ながら使うようにします。