統合失調症の人でも仕事はできます。ただし、自分にとって負担のない範囲ですることが望ましいでしょう。

例えば、調子がよくなったからと言って、いきなりフルタイムで働くということはおすすめは出来ません。まずは、週に2日などの軽いパートから始めるのがよろしいでしょう。

そういう時期を経て本格的に仕事がしたいと思っても、いきなり社会に出ると失敗しますので、就労支援施設に行くのがいいでしょう。

就労支援施設へ行くと、まず学校のように時間割があり、それに沿った仕事を毎日やっていくのです。パソコンを覚えたいなら、パソコンでスキルを身に着けて、そのあとに面接の練習、履歴書の書き方などを学んでいきます。

そういう施設は、統合失調症の人でも受け入れてくれますので、安心して社会復帰となる足がかりをつかめるでしょう。

そして、就労支援施設でスキルを身に付けた後は、障害者枠で仕事をするのがいいでしょう。

実際にどういう仕事があるのかと言いますと、例えばデータ入力などです。それなら、難しく考える必要があまりないので、統合失調症の人でも負担が少なく仕事ができるでしょう。

統合失調症の人が社会復帰する際には、精神的に負担にならずに働けるような仕事を選ぶこと、そして周囲の理解とサポートが重要です。