クレジットカードの支払いには、手数料が加算されることがあります。

最近は、外での食事や商品の購入時に、クレジットカードをよく使います。

一括で支払う限り、クレジットカードを使っても現金で支払っても出費額は変わりません。

クレジットカードで支払ったほうがむしろポイントが付くのでお得だったりもします。

けれども、クレジットカードの利用金額を算出する時に、手数料ぶんの金額がプラスされることがあります。

どのような事情で、クレジットカードを使うことで手数料が発生することになるものなのでしょうか。

クレジットカードの手数料に関しては、クレジット会社と提携店舗との関わりがあります。

クレジットカード会社と契約をすることで、提携店舗はカード払いに対応することができるようになります。

支払いにクレジットカードが使われると、その支払額によってカード会社に支払うべき金額が決定されます。

つまりお店では現金での支払いより、クレジットカードでの支払いのほうが少し損をする計算になります。

クレジットカードを使ったことで生じた手数料ぶんを客の支払額にすることで、店側は得ができます。

とはいえ、客側がこの時生じた手数料を払うことはクレジット会社側が禁じており、契約内容に違反したことになるといっていいでしょう。

クレジットカードを使った時に発生した手数料は、客側が払う必要がない金額なのです。