自己分析は、転職を成功させるためには必要不可欠なものです。

履歴書作成や求人情報のチェック、面接準備など転職活動をする上でも、まずはじめに必要なものです。

自己分析の基本は、大別すると「これまでの自分」と「これからの自分」の2つです。

自己分析は、自分に合う仕事を探すためにも、また、転職活動で自分をアピールする上でも、絶対に必要なものです。

まず過去の自分の棚卸ししてから、転職を目指した自己分析から始めると良いでしょう。

無理矢理、人より優れた部分を、自己分析で作り出すことは不要だと考えるべきでしょう。

ほかの人にも、自分のしてきたことが理解できるように、目に見える形にしておくことが大切です。

自分がどのような成長をしてきたのか、物事にどんな姿勢で取り組んできたのかを思い出すことが大切です。

転職活動時に対しての訴求力に欠けるのが、単に物事に取り組む姿勢や頑張りだけを伝えるような表現です。

そして、今までどのような成果を上げてきたかも一緒にまとめましょう。

自己分析の作業は、1人で紙に書き出してみるという方法もいいのですが、家族や友人に自分について聞き取りをし、客観的な意見を集めてみてもいいでしょう。

自己分析で自分を知ることができたら、次には自分に何ができるのか、これからどんな風に生きていきたいかを考えてみてください。

何をしている時に、自分は社会に貢献しているという気持ちになれるのか、何をしている時に、自分は時間を忘れるほど没頭できるかなどということです。