しっかりとダイエット停滞期のメカニズムを分っておくことが、リバウンドを防止する為には必要だといえるでしょう。

最もリバウンドしやすいのは、ダイエットの停滞期にダイエットを中止することだからです。

体重が徐々に減り始め、ようやく波に乗ってきたという頃にピタリと体重が減らなくなるダイエットの停滞期。

非常に精神的にも辛い時ではないでしょうか。

ダイエットのメカニズム的に誰にでもあることで、リバウンドと大きく関わりがあるのが停滞期です。

人間の体がいわば危機管理体制にある状態のメカニズムによるものが、停滞期です。

少ない食事量に適応して生きていこうと、食事制限などで体重が減少すると、人の身体はそれを危機的状況と捉えるようです。

生命活動が摂取カロリーが少なくてもカロリー内で営めるように、体が消費するカロリー量を新陳代謝を少なくすることで減らすといいます。

体はせっせと食事量を減らしても運動量を増やしても、余計なエネルギーを使わないように働きます。

これがリバウンドの背景であり、停滞期のメカニズムでもあります。

ずっと停滞期が継続するわけではないようです。

体のメカニズムによって、危機管理体制を1カ月もすると解除し、体重が減少する期間にまた入るようです。

リバウンドのリスクばかり目につきがちですが、メカニズムから見方を変えれば、停滞期とはダイエットが順調に進んでいる証明なのです。