具体的に計算してみると良いのが、キャッシングの金利について、日歩、月利、年利だとどのくらい違いがあるのかという部分です。

日歩だと0.08%になり、月利だと2.43%になるのが、年利が29.2%のキャッシングの場合です。

年利÷12=月利、年利÷365=日歩というもので、このような計算方法に基づいて算出されているので、このような数字になるのだそうです。

日本では現在、キャッシングの金利について年利計算での開示が定められています。

月利と年利の両方を表記し月利を目立たせて、消費者に金利が安いと勘違いをさせる事を意図しているケースも、まれに金利を安く見せようとすることであるといいます。

おすすめなのは、金利を目先の数字に惑わされないようにキャッシング額からきちんと計算してからキャッシングを利用することです。

この他にも単利と複利があるのが、キャッシングの金利の計算方法です。

元金に対してだけ利息をつける計算方法が単利で、元金と利息の合計に対して利息をつける計算方法が複利というものです。

はっきり数字をあげるまでもなくよく分るのが、後者のほうが高金利になるということでしょう。

支払うのは、金利はキャッシングする以上仕方がないことではないでしょうか。

総支払額は、少しでも金利が低いものを選ぶほうが少なくて済むことははっきりしているのではないでしょうか。

低金利でキャッシングを利用するには、金利の計算方法について理解しておくことが大変重要です。