目の下のたるみができる理由は色々とあります。

目の下のたるみがヒアルロン酸の注入によって目立たなくなったという人もいますが、これはたるみの程度が軽い場合に限ります。

ヒアルロン酸は人間の皮膚で生成可能な成分で、水分をその場に留めておく作用や、肌の弾力性を維持するものです。

肌が潤い豊かで、ふっくらとした感触があるある場合、ヒアルロン酸が多いためかもしれません。

人は年を取ると、ヒアルロン酸が失われていくようです。

ヒアルロン酸は、ひざやひじなど関節の不具合に対しても効果かあります。

年を取るとひざなどの痛みが出るのは、ヒアルロン酸の成分が減ってきたためとも言われます。

ヒアルロン酸と呼ばれる成分をたるみやしわの気になる箇所に注入すると、ヒアルロン酸の効果で肌がふっくらとします。

たるみが目立たなくなるのです。

目の下のたるみをヒアルロン酸で治療する場合、安上がりなだけでなく、長時間かかりませんし、すぐに顔を洗ったり化粧をできるという良さもあります。

ただし、目の下の脂肪が皮膚で支えきれなくなっている時はヒアルロン酸注入の効果は半減ですし、注入したヒアルロン酸は半年~1年で体内に吸収されます。

目の下のたるみを取る施術は、それぞれにメリットやデメリットがあるので皮膚科や整形外科などに相談してみると良いのではないでしょうか。