体脂肪を減らし、筋肉を減らさない減量が理想的と言われています。

体脂肪だけを減らすのは、実際に自分で減量をするとなるとそう簡単なことではありません。

減らすのは体脂肪だけで、筋肉を減らさない事が大事なのは、なぜなのでしょうか。

ダイエットで筋肉量が減少すると、太りやすい体質に、体の新陳代謝の量が減ることでなってしまうのです。

寝ていても消費されるエネルギーの事指すのが、消費エネルギーの約7割を占めるといわれる基礎代謝です。

もっとも減量する時に、考慮しなくてはならない事柄が、基礎代謝だといわれています。

大切なのは、太りにくくするという意味でも減量をするならば体脂肪は減らしても、筋肉量は減らさないようにする事です。

体重だけを減らす事のように思われるのが、減量です。

体重だけが減った場合、女性の場合は胸、男性の場合は顔などから減っていくケースが多いのです。

チャームポイントであった胸がなくなってしまったり、げっそりとした印象になってしまったりする事も多くあるのです。

減量をするならば、食事制限だけではなく運動も一緒にやって、筋肉は残すように上手に減量する必要があるのです。

必要なのは、体脂肪のメカニズムと、上手な減量方法についても知ることです。