体重がダイエットを始めてある程度落ちると今度はなかなか痩せることが難しくなってきます。

これは停滞期に起きる現象です。

減量やカロリー制限をすると、エネルギー供給が一時的に減ります。

そうなると、人体は少ないエネルギーでも生命維持ができるよう、代謝を低下させます。

ダイエットを成功させるためには、この停滞期をどんな風に過ごすことができるかにもよります。

停滞期に入るといくら食事制限をしても激しい運動をしても、なかなか痩せることができません。

停滞期に入ったことでダイエット効果が実感できなくなり、食事制限や運動を継続する意欲を失ってしまう方もいます。

停滞期とはどのようなものか把握した状態で、冷静に自分の体重と直面することがダイエット達成のコツです。

ダイエットを始めてしばらくは痩せることができても、2週間ほどで体重の変化が乏しくなってきます。

停滞期と自覚し、うまく乗り切ることが大切です。

通常であれば、停滞期も1か月以内に終わります。

運動や食事をダイエット時と変わらない状態でいることで、停滞期後にまた体重は減少を始めます。

ダイエットは一気に痩せることを目標にすると失敗しやすいようです。

停滞期を乗り越えて痩せる時期に入ると、体重が安定しやすくなります。

体重が減って痩せるだけでなく、リバウンドの可能性も低くなってダイエットがしやすい体質になります。