メタボ解消のため食事を見直す人は多いですが、それだけでは体重減少には至らないようです。

メタボ対策には、食べるものだけでなく運動をすることにも目を向けましょう。

積極的に身体を動かすことで、脂肪の減少と筋肉の増加が期待できます。

筋肉が増加すると、基礎代謝と呼ばれる人間の1日に必要なエネルギー量も増える為、体重が減りやすい体に改善できるわけです。

実際には、メタボ改善にはどんな運動が適しているのでしょうか。

体を隅々まで使う運動が、内臓脂肪の燃焼には適しています。

水泳やエアロビクス、ジョギングなどがいいとされています。

とはいえ、急激に激しい運動をしても体に負担がかかりますし、習慣として定着しづらいようです。

ウォーキングなら誰でも簡単にできますし、運動量の調整も自在です。

ウォーキングもただダラダラと歩くのではなく、ペースや姿勢を注意して、心持ち早めに歩くことによってメタボ改善効果の高い運動ができます。

1

回のウォーキング時間は最初は30分ぐらいから初めて、大体1時間から1時間半ぐらいを目安にするとよいでしょう。

すぐに体重が減るような運動ではないので、そのつもりで、最低でも1カ月はウォーキングを続けるといいでしょう。

雨の日などウォーキングができない日は、家でストレッチをしたり、ダンベルを使ったりして基礎体力をつけるようにすると、さらに効果的な運動になります。

体重を減らすことはメタボリック症候群の解消のほかにも、生活習慣病を未然に防いだり、シェイプアップの効果もあります。