メタボ改善のために体重を落とすには、食事習慣を少し変える必要があります。

メタボリック症候群の場合は、ダイエットなどとは違って、体重を落とすだけが目的ではありません。

カロリー制限をすれば内容は問わないということはないのです。

炭水化物を摂取する時は、白米やパンなど精製された穀物ではなく、雑穀米や雑穀パンを多く摂ることです。

食物繊維がたっぷり入った雑穀なら、コレステロール値や血糖値も上がりづらく、よく噛んで食べることができます。

メタボリック症候群にはとても有効だといわれています。

野菜や果物をたくさん取ることです。

野菜や果物には、血圧を改善するといわれるカリウムがたくさん含まれています。

低カロリーで満腹感もあるので、空腹感をあまり感じずに体重を落とす事ができます。

さばやいわし、白身魚など魚類も積極的に食べるようにしましょう。

カロリー制限のため、またコレステロール値の調整のため、動物性たんぱく質は赤身肉はやめておきましょう。

肉好きな人で、

メタボリック症候群だと判断された人はいるでしょうが、食事でのたんぱく質源を魚にすることで、コンディションを大きく変えることができるようです。

メタボの解消には、この他にも様々なポイントが存在します。

全部を一度に行おうとすると難しいですから、できることから段階的に、徐々に体重を減らしてメタボを改善していってください。