毎年、新卒者が就職活動を行っています。

しかし、リーマンショック以来、未だ終わりが見えない不景気が続いています。

現在は、かつての就職氷河期の再来といわれるほど、新卒者の就職は困難を極めています。

会社とは継続して一定数の社員を必要としているので、新卒者を採用して不足分を補っています。

にもかかわらず、ここ数年は雇用規模がどんどん減少しています。

背景は不景気といった経済的な影響だけではありません。

企業の海外進出や、正規の雇用自体が減少していることも大きく関係しています。

人件費を削って利益を確保しようと、雇用人数自体を減らしている会社もあります。

大企業ほど、製造の現場を海外にして、人件費の少ない海外の人を雇おうとしているというところも少なくありません。

不景気だけでなく、幾つかの理由が合わさって新卒者の就職を困難にしていることから、この状況からの脱却は難しいという学者が大勢いるのです。

今年学校を卒業し、初めて就職する新卒者の中には、100社受けても就職先が決まらない人もいます。

結局新卒者としては就職ができず、大学に残る道を選んだり、派遣やフリーターになるという人もいます。

就職先を見つけるのが大変なのは新卒者だけではありません。

転職や中途採用を目指す人にとっても状況は苦しいため、政府による対応が必要になってきています。