金利ゼロを謳ういわゆる無利息での融資は、新規の顧客を獲得するための苦肉の策ともいえます。

利息が金融会社の儲けになるのですから、無利息で融資を行い、条件を満たして完済されてしまったら、結果的には融資を行ったことで儲けが入りません。

手間をかけて融資を行っただけ、手間損ともいえるのではないでしょうか。

金融会社は何を期待して無利息融資を取り扱っているのでしょう。

会社の好感度や信頼を高めるためという理由が第一です。

一般的にキャッシングなどの融資は借金であるため、イメージから、かたくなに利用を拒む人も少なくないのが実際のところ。

人からお金を借りるという行為が良くないものという考えから、融資をためらうという人は未だに大勢います。

確かに融資を受けるということは、必ず返済しなくてはいけないことです。

お金を有効に利用することがすべて悪いこと、とは言い切れない一面もあります。

お金を借りることに心理的なためらいがある人に、とにかく一度借りてもらって融資とはどのようなものか知ってもらうことが会社側の意図だといいます。

消費者金融での借り入れはとても簡単なので、必要な時にすぐお金を手にすることができます。

無利息での融資の場合、期限内に借り入れた金額のみを返済すれば終了です。

借金をすることに対するイメージはかなり変わっていくことでしょう。

無利息で融資を受けることで、2度目以降の利用に関する心理的な抵抗が軽減し、利息があっても借りてくれるのではないかと期待されています。