食事制限とリバウンドをしないコツについてです。

ダイエットのために食事制限をすると、摂取カロリーが少なくても生きていけるようにと、体は体温調整や生命活動に使うカロリーの量を減らします。

ダイエットをしていると、体重の減少が鈍る停滞期になるものですが、これは食事制限に体が順応してきた証です。

ダイエットをしている最中に停滞期になると、どんなにダイエットを続けても体重は減らず増えやすくすらなります。

この期間は、リバウンドをしやすい時となります。

食事制限で好物を食べられない状態が続くと、イライラも募るものです。

ダイエット中に起こる停滞期は達成感もなく、あきらめてしまう人も多いのが実際のところでしょう。

リバウンドをするのは、このタイミングでダイエットをやめてしまった場合です。

それまでの食事制限に慣らされた体は、代謝が少なくカロリーを蓄積しやすい状態です。

不用意に食事制限前の食事に戻すと、体は使わないカロリーを脂肪にして貯め込みます。

使いきれなかったカロリーは脂肪になって蓄積されますので、食事制限前は問題なかったカロリー量でリバウンドが起きるのです。

リバウンドをすると、一時的に減った体重が元通りに増えてしまいます。

リバウンドを未然に防ぐためには、食事制限中でも基礎代謝量を落とさないことです。

カロリー制限だけでもある程度は減量が可能ですが、リバウンドを防ぐためには食事制限と並行して体を動かして脂肪を燃やすことです。