採用を新卒に限定する会社は未だに多くあります。

近年は、リーマンショックから端を発した世界的な不況が続き、日本は大きな影響を受けています。

かつての就職氷河期が再来したと言われるほど、新卒者の採用倍率はきつい情勢が続いています。

バブルの時代とは大きく様相が異なり、4年生大学の卒業生ですら、希望通りの業種に就職を決めることができず、どこかで考え直さざるをえなくなっています。

新卒より就職状況が厳しいのが短大や高卒の人たちです。

また、一度入った会社を退社した後は、再雇用先を見つけることも困難です。

求人欄を軽く眺めるだけでも正社員の応募はとても少なく、派遣やアルバイト、パートで人材を確保している会社が多いという実情は変わりありません。

新卒者が、つきたい仕事につけるような状況になるには、他者の追随を許さないくらいの努力が必要になります。

経済情勢が悪い時は、どれだけ頑張っても結果に結びつかないこともあります。

知名度の高い大学を卒業したとしても、新卒の採用は難しい部分があるといってもいいでしょう。

新卒で採用先を決めるには、就職活動は本腰を入れて臨むこと、現実と希望がミスマッチを起こしていないかよく考えることです。

多角度から検証して、自分なりの結論を出すことが大事です。

新卒として採用されるよう、なりたい仕事がある時はその仕事に必要なことは何かを調べ、早い段階から行うべきことを実践しておくことです。