融資を消費者金融から受けたいと思っても、借り入れが申込み時の審査で引っかかってしまって出来なかったらどうしよう、などといった懸念をよく耳にすることがあります。

お金をスムーズに借りるためには、消費者金融を利用する際の融資の審査について理解しておくことが必要です。

消費者金融の融資の審査は、一般的に年齢、職種、年収、勤務年数、持ち家の有る無しなどです。

融資の審査では、公務員など安定した職種の仕事だとポイントが高くなるようで、収入の差が大きいと予想される水商売やベンチャー企業家などの不安定な仕事は反対にポイントは低くなってしまいます。

審査の対象に年収や勤務年数もなりますが、持ち家はこれよりもウエイトが大きいです。

有利と言えるのは、持ち家に住んでいる年数が長い方です。

きちんんと固定電話を持っているかどうかが消費者金融会社の融資の条件にもなっているのは、意外かもしれません。

融資を受けた後に返済が滞って督促をする時に、固定電話への連絡が必要とみなされる為だそうです。

最近多くの人が、携帯電話だけで固定電話を持っていないかもしれませんが、傾向としては、融資の審査と言う面では携帯電話と固定電話両方持っている方が信用度が上がるということです。

固定電話か携帯電話か、どちらかひとつ持っていた方が良い場合は、固定電話の方が信用度が携帯電話よりは高くなる傾向にあります。

電話番号の変更が比較的簡単に出来るのが、携帯電話の場合です。

連絡先が、返済の督促等の連絡が必要な時に、変更されていては会社としては困ります。

消費者金融会社の融資の審査基準は、実際には、それぞれの消費者金融会社によって差があるので審査の条件についてよく調べることが大切です。