確実に融資をした相手が返済できる能力を有しているかを、キャッシングの審査では見極めるのが目的です。

それぞれのキャッシング会社によって、審査の基準は違うといいます。

キャッシング会社からの融資は、審査の結果、返済能力が十分でないと判断されれば受けることは不可能です。

申込みから融資までの時間は、今までは審査自体に時間がかかり、数日間の猶予が必要でした。

近頃では、審査にほとんど時間をかけない即日キャッシングというものを取り扱うキャッシング会社も増えているようです。

本人確認を身分証明書によって行い、申込み内容に虚偽がないかを確認するのが、キャッシングの審査です。

審査には、事実と違うことをキャッシングの申込み書類に書いていると、通らないと認識しておいたほうが良いでしょう。

キャッシング会社は個人信用情報機関に照会する場合、これらの情報を元にして行います。

過去に利用履歴があるか、申込み者が他のローンを利用しているかどうかなどを確認するそうです。

複数の個人信用情報機関に加盟し、照会を行っているのが多くのキャッシング会社で、個人信用情報機関は幾つか存在しているようです。

3ヶ月以上キャッシングの返済を滞納したことがある人は、記録が事故情報として残ってしまうそうです。

消費者金融では4件以上のキャッシング会社から同時に融資を受けている人には、審査をしても新たな融資を行わないとする自主規制ルールがあるそうです。