クレジットカードがあれば財布にお金がなくてもショッピングができます。

商品が欲しいと思った時に、すぐに買えるというのが最大のメリットです。

月々の支払日は明確に決まっています。

支払日までに振り込み指定口座に入金ができるなら、その場でお金がなくともショッピングができます。

クレジットカードの支払い方法をリボルビング払いにしておけば、高い商品も気軽に買っておけます。

クレジットカードで決済を行ったなら、カードの精算日までにお金を指定口座に入れておくことを忘れないようにしましょう。

決済日に銀行口座の預金残高が足りなくて、返済ができなかった場合は、クレジットカードの利用履歴にもデータとして記録されてしまいます。

その月に使ったクレジットカードの利用総額が多かったとしても、一括払いになっていれば請求される金額はそのまま反映されます。

クレジットカードの請求額が予想額以上に多くなり、通帳に入っていたお金では足りなくなることも考えられます。

月々幾らの請求があるか、クレジットカード会社から届く明細表をしっかり確認しましょう。

リボルビング払いの場合は、毎月一定の利息がかかります。

利息を加算した金額が、クレジットカード会社からの請求金額になります。

リボルビング払いを利用すれば月々の返済が高くなりすぎないようにすることはできますが、クレジットカードの返済時にはショッピング額に加えて利息がつくことになります。