新幹線で学割を利用する場合、学割証を入手します。これは、学校の事務室などで発行されます。大学などでは申請と発行を機械でやってくれるところもあります。

この小さなカードの様な書類に、出発地と目的地、旅行の目的、氏名、年齢などを記載します。注意事項として、学割は乗車券に対してしか適用されません。

そのため、新幹線の乗車には乗車券と新幹線特急券が必要ですが、新幹線特急料金は適用されません。この点は予算面から注意が必要です。

また、有効期限が3ヶ月ですし、学校によっては1人何回までという回数制限ある場合もあるので注意が必要です。

学割の対象になるのは片道営業キロ数が101㎞以上です。学割証と学生証をもってみどりの窓口に行けば、必要な切符が入手できます。なお、実際に利用する際には必ず学生証を携帯しておく必要があります。

いろいろ書いていますが、利用はそれほど難しいことではありません。必要な書類1枚を学校から貰って、必要事項を記入し、旅行開始前にみどりの窓口に書類と学生証をもって切符を買いに行くだけです。

乗車時には乗務員から学生証の提示を求められたら応じなければならないので、必ず学生証を携帯して乗車してください。