体型診断についてです。

体型など他人からの見た目をとても気にする人は案外多く、若い人ほどその傾向は強いもの。

少し太っている人を肥満体型と思うのか、ぽっちゃり体型と思うのかでも、ずいぶんとその人への印象は変わってきます。

自分自身の体型はぽっちゃりなのか肥満なのか、機会があれば診断を受けてみるということも意味があります。

ネットの診断サイトで、自分の体型について調べてみてもいいでしょう。

ダイエットサイトなどでは、体重や身長、体脂肪率からその人の体型を判断できるようなところもあります。

標準体型なのか、隠れ肥満や肥満、筋肉質、痩せなどで分類して客観的に自分の体型を診断することができます。

標準体型を知る手段は色々ありますが、世界的には身長と体重に基づいて計算できるBMIというやり方がよく使われています。

身長と体重をBMI法という式にあてはめて計算し、その結果に体脂肪率を含めて判断をすることで自分の体型を知ることができます。

健康的な体型を求めるのであれば、日本人の理想的にBMIは22になりますが、見た目を重視する場合はより痩せ型が望まれます。

診断すると、標準値は20前後となるそうです。

見た目の体型診断を基準に考えるのであれば、少し細身でなくてはならないのは、日本独自の感覚のようです。

他の国々では日本の体型診断と違って逆に少しぽっちゃりした体型のほうが魅力的に感じることも多いようです。