美容外科やクリニックでしみ治療を受けることはできますが、しみの種類によってはレーザーでは治療効果が小さい場合もあります。

体の状態によってできる肝班というしみは、レーザーの治療効果が期待できないといいます。

肝斑によるしみは中年以降の女性に多く現れ、顔の左右対称にかなり多くのしみが出てくるという特徴もあります。

女性ホルモンと関連性が深いことが肝班についてはわかっています。

肝班の治療では、レーザーによる直接的なしみ治療より、処方された薬を服用することで効果を期待する方がいいとされています。

どんな治療方法が自分に合っているか知りたいならば、皮膚科でしみを診察してもらうといいでしょう。

顔にできるしみは肝班だけでなく、紫外線による色素沈着もあります。

どちらのしみも、ビタミンCを補給することによってしみを目立たなくできるといいます。

医師から薬としてビタミンCをもらう場合もあります。

幾度もレーザー治療を施しても、年を取ったためにできやすくなる老人性のしみは治療効果が上がりづらいようです。

しみ対策に悩むあまり、いろいろなしみ治療法を試すという方もいます。

顔のしみを根絶することは、非常に困難だとされています。

年を取ると老化現象が起きるのはやむをえません。

しみ治療も適度な程度に留めるべきかもしれません。