子宮筋腫と子宮ポリープはどっちも子宮に腫瘍ができる病気のことなんだって。子宮筋腫の検査に行って子宮ポリープが見つかるケースもあるみたい。

ポリープができていると聞いて、筋腫とは違うの?と思うかもしれないけど、子宮筋腫と子宮ポリープは別の病気で、症状や治療法にも違いがあるらしいよ。

子宮の病気としてよく耳にする子宮筋腫は、女性の4人に1人が持っているといわれるぐらい、よくある病気なんだって。子宮の筋肉に良性の腫瘍ができる病気なんだけど、腫瘍ができる位置は子宮の内側だけじゃなくて外側にもできることがあるみたい。

大きさは5㎝以下の小さいものから、大きいものでは20cmほどまで成長してしまっている人もいるんだって。

ポリープは粘膜が増殖してできた塊のことで、それが子宮にできる病気のことを子宮ポリープって言うらしいの。40~50代に多く見られる病気だけど、不妊で悩んでいる女性のおよそ20%にポリープが見つかったっていう報告もあるみたいなの。ポリープの大きさは1cm未満がほとんどだけど、10~20%の割合で2cm以上のものが見つかることもあるらしいよ。

子宮筋腫の場合は月経過多や不正出血、筋腫のサイズが大きくなればしこりや痛みなんかの自覚症状があるけど、子宮ポリープの場合はほとんどが無症状で痛みもないから気づきにくいそうなの。

筋腫は薬で治療したり、経過観察をすることが多いみたいだけど、ポリープの場合は手術で切除する場合が多くって、病院の方針にもよるけど外来でもできるらしいよ。あと妊娠中の場合はポリープも切除せず様子を見ることになるみたい。

不妊の症状に悩む人の20%にポリープが見つかったっていう話。たしかに子宮筋腫も子宮ポリープもあると妊娠しにくいって言われてるみたいだし、妊娠後~出産への影響も見られることがあるんだって。それでどっちも摘出した後の方が妊娠率は上がるらしいの。

でもどっちの場合も、病気があっても妊娠して無事に出産をしている人は多いみたい。だから「子宮筋腫や子宮ポリープがある=妊娠できない」ってことじゃないみたいだし心配しすぎなくて良いと思うよ。