クレジットカードの仕組みについてです。

クレジットカードを商品を購入する時に使う人が増えています。

必要な買い物や食事が、手持ちの現金がなくてもクレジットカードがあればすぐにできるのです。

お金を払わずともなぜクレジットカードは物が買えたり、食事をしたりすることが可能なのでしょうか。

クレジットカードは、カード会社と加盟店とカードを持つ会員との三者間の契約で成り立っています。

クレジットカード会社は、一定の信用があると判断した会員にクレジットカードを発行します。

加盟店で会員がクレジットカードを使って買い物をすると、商品を会員に引き渡すのが加盟店です。

加盟店は、クレジットカード会社に商品代金を請求します。

加盟店からの商品代の請求に応えて、クレジットカード会社は加盟店に商品代金を立て替え払いを行います。

会員の指定口座から指定日に引き落とされるのが、クレジットカード会社が建て替えた金額です。

引き落としにはいくつかの方法があります。

一括で引き落とす方法もあれば、リボ払いや分割払いなど数回に分けて支払金額を引き落とすこともできます。

指定の手数料が分割で支払う場合はかかりますが、必要な時に必要なものを手に入れることが可能です。

高額な商品でも少しずつお金を会社に支払うことで入手できるという点は、クレジットカードの大きな魅力です。