派遣会社に派遣社員として登録することは、ひとつの就職先が見つからない場合の選択肢だといえるでしょう。

派遣社員は雇用契約を実際に働く企業ではなく、登録する人材派遣会社と結ぶ形になります。

社員である正規雇用の人とは決定的に異なる部分があります。

その仕事を斡旋した派遣会社から、派遣社員で働く場合は賃金が支払われることになります。

派遣会社のきまりに従って、福利厚生の基準が決定されています。

仕事をする場合、正規社員よりずいぶんと不安定な条件になることが多いといいます。

最近クローズアップされいるのがその不安定さで、社会的に問題視されています。

契約期間が終わった段階で仕事はなくなるのは、派遣社員はあくまでも契約による雇用だからです。

より便利に効率よく人材が正社員よりも少ない賃金で補充できるというのが、会社側の雇用する理由です。

年々、人材確保の利便性からも、派遣社員の活用が多くなってきています。

雇用制度のさまざまな改正により、最長で3年が今現在の派遣での労働年数となっています。

派遣としての雇用は3年を期限に終わることになります。

それ以降も正社員として会社側が雇用し続けることは優秀な人材の場合はできるでしょう。

まずは派遣社員として仕事を始めて正規社員の道を目指してみるのも、正社員をめざすという面では方法のひとつといえます。