内容が多岐にわたるので、なかなか対策も立てにくいのが、就職試験に出るような一般常識問題ではないでしょうか。

新聞などを普段からよく読み、時事問題に精通している人も逆にいるようです。

いつも生活を一般常識的なことに関心を持ってしている場合には、問題が難しいとは思わないのではないでしょうか。

問題で聞かれていることは、ごく当たり前のことだと思う人も多いでしょう。

特に新卒者に対する就職試験の場合、まず一般常識の問題が一次試験として利用されていることも多いようです。

受験者にとっては、第一の関門でもあります。

最近では就職試験の対策本などに必ずと言っていいほど、一般常識の例題がいくつかあります。

参考に対策を立ててみるのもいいでしょう。

新卒者向けの就職試験によく行われている一般常識のテストは、出題範囲がとても広いものです。

企業によってずいぶんと特色が見られることもあります。

基本的には時事問題から始まり、国語、社会、数学。

物理・化学、英語などといった、学力的な内容も出題されることが多いようです。

企業側としては、一般常識問題として、最低限持ち合わせてほしい内容なので、特に難しい問題を解くことを求めているわけではありません。

基礎的な学力レベルを主にチェックするために行われているのが、就職試験の一般常識問題の特徴です。