肌を紫外線からガードするには、紫外線カット成分を含む化粧品や日焼け止めクリームを活用することが、最も手軽な方法です。

乳幼児を対象とした日焼け止めクリームも売り出されているようです。

肌への負担が少ない商品もたくさんあるので、いろいろ試してみるのもおすすめです。

SPFという数字は紫外線を防ぐ効果を数値化したもので、この数字が大きいと長時間使用することができます。

SPF35の日焼け止めは、SPF10の日焼け止めやり効果が長時間続きますので、それだけ紫外線から肌を守る力が強いと考えることができます。

夏の日中、紫外線を体に受ける時間が長くなりがちだという人は、SPFの大きい日焼け止めを積極的に使うといいでしよう。

ただし、紫外線を防ぐ機能が強い日焼け止めクリームは肌への刺激が強くならざるをえないので、気をつけなければいけません。

お肌の負荷を考えるなら、紫外線があまり強烈でない日はSPFが低いもので十分です。

肌トラブルを避けるためにも、肌が刺激に弱い人や小さな子どもは、紫外線を防ぐ効果が強いクリームを使わない方がいいようです。

紫外線対策クリームには、SPFの他にPAという指標があります。

SPFは、肌が紫外線の作用で赤くなることに対する対策効果が期待できます。

肌が日焼けによって黒くなるという人は、PAを参考に紫外線対策を行って肌をガードしてください。