強い紫外線から皮膚をガードするには、紫外線を遮る効果がある帽子や眼鏡、長袖の服などでのケアがポイントになります。

日焼け止めクリームを活用することも、紫外線ケアになります。

この頃わかったこととして、目に紫外線が入ると眼球が紫外線の影響を受けるため、サングラスが効果的だといいます。

紫外線ケアのために長袖の服や帽子を着用することは大事ですが、それだけでは眼に入る紫外線は防げません。

眼を紫外線から守るため、サングラスを活用しましょう。

日焼け止めクリームで紫外線のケアをするには、屋外に行く時間帯や目的によって選びます。

1時間ぐらいの外出ならばSPF10から20、数時間外出するならSPF20から30がおすすめです。

野外でのスポーツや海やプールなどに行く場合は、SPF30から50の商品を使うと良いでしょう。

海やプールなど水にぬれる場合や、汗をかいたりすると日焼け止めが落ちてくるので、数時間ごとに塗り直しが必要です。

水に触れても紫外線を防ぐ機能が保持される、ウォータープルーフという日焼け止めクリームがあります。

ウォータープルーフだからといって塗り直さなくてもいいというものではありません。

水から出たらこまめにつけ直すようにしましょう。

SPFの高い日焼け止めは紫外線カット力が強いですが、それだけ肌への負担になります。

帰宅後は、日焼け止めクリームをしっかり洗い流して肌の保湿ケアをすることも、紫外線対策の一部と考えましょう。