痩身と脂肪というのは、深くつながっています。

脂肪が燃焼しやすい体質になることで、運動によるダイエット効果が高まり、健康に配慮した痩身ができるようになります。

痩身の敵である脂肪というのはなぜ体につくのでしょうか。

脂肪なんて体につかなければいいのに、と考えながら痩身に励んでいるという人も少なくないようです。

脂肪は、体にとって案外と重要なものです。

脂肪は緊急時のエネルギーの保持、たんぱく質の消費を減少させる、体温調節、女性の月経の発現維持などの役割を補っています。

1ヶ月に数キロ以上の痩身をしたりすると、長い停滞期に入ったり、リバウンドしやすくなるのは脂肪の役割の為です。

食事などで得られるカロリー量が大幅に減ると、異常事態を察した人体は脂肪やたんぱく質を使わないように体を整えるのです。

いわゆる低消費モードにしてしまう事が、体重を落とすのを遅くするわけです。

脂肪は、生理周期を保つ作用もあるといいます。

体には一定量の脂肪が必要ですので、痩身をしたいからといって根こそぎ脂肪をなくす方法は好ましくありません。

脂肪は体にとって必要な部位ですので、痩身に取り組む時にはその点に配慮する必要があります。