脂肪を分解する仕組みについてです。

体脂肪とはどのように分解され、合成されているのかを理解にすることによって、脂肪の増減を調節するためにすべきことがわかるでしょう。

脂肪は、余計なもののように思われがちですが、過剰についた皮下脂肪や内臓脂肪のことです。

脂肪はもともと食品中にあるブドウ糖と脂肪酸を材料に脂肪細胞として作られます。

生きていくための原点ともいえる栄養成分であり、脂肪細胞は常に体内に存在しています。

カロリー摂取が途絶えた場合でも、体内に貯め込んでいる脂肪を分解して活動エネルギーに回せるよう、普段から用意しています。

体脂肪は、カロリー摂取の量や消費の量に応じて、必要によって合成したり分解したりという活動を行っているようです。

脂肪を減らすためには、運動を継続してエネルギー消費量の多い体質になることです。

グリセロールと脂肪酸という物質が、分解した脂肪からはできます。

この成分が必要に応じて部分的に活動に必要なエネルギーにされます。

体内の脂肪がどんどんエネルギーとして分解されれば、それだけ体脂肪は減ります。

脂肪を分解しなくなればるほど、合成される度に体脂肪量が多くなります。

スポーツやエクササイズを行うことでカロリーの消費量を増やし、蓄積されている脂肪をより多く分解させることができるといいます。