できれば日々の生活の中でセロトニンを増やしていきたいもので、セロトニンはサプリメントで補給することもできますがそれだけに頼らないほうが良いでしょう。

サプリメントは便利な存在ですが、過剰摂取などのためにセロトニン症候群という症状が出る恐れもあるようです。

原因はセロトニンの濃度が高すぎることによる症状なのですが、軽い頭痛やめまいといった症状から、硬直や昏睡など死に至る場合もまれにあるといいます。

サプリメントに頼らないセロトニンの分泌促進への取り組みを、サプリメントを試す前に行ってみることをおすすめします。

呼吸、睡眠、食事の3要素とされているのが、セロトニンを増やすために有効なことなのです。

かけすぎないようにしたほうが良いのが自分に対する無用なプレッシャーです。

ストレスをたくさん与えるのは良くないのです。

寝る環境を熟睡できるように整えるようにしましょう。

寝る前は避けたほうが良いのがテレビやパソコンなどの光刺激で、就寝直前の食事は控えたほうが良いでしょう。

朝は早起きをして、太陽を浴びるようにしましょう。

食事は、乳製品や大豆製品がセロトニンを増やす効果があるといいます。

その前提として体にいい食事を、栄養が偏らないように心がけましょう。

腹式呼吸で全身に酸素を行き渡らせることも効果的ですので、現代人の呼吸は浅い傾向がありますが意識してみましょう。

生活習慣を変えることは、サプリメントに頼らないセロトニンの増やし方は色々あるとはいえ意外と難しいのではないでしょうか。

セロトニンを効率的にサプリメントを利用して摂取するのも良いのではないでしょうか。