顔を洗う時にお肌のにきびを悪化させない方法は何でしょう。

にきびができやすい肌質がありますが、そういう人はスキンケアに注意がいります。

特に洗顔はニキビの予防や悪化を防ぐためにもとても重要なこと。

適切な洗顔で、顔の汚れを落として清潔な状態を維持しましょう。

肌にこびりついている皮脂汚れを除去することで、毛穴の目詰まりもなくなります。

一般的ににきびの多い人は脂性肌の人が多く、まめに洗顔しているケースも数多く見かけます。

ただし、顔の洗い過ぎは水分蒸発を防いでいた顔の必要な油分までを取り去って乾燥肌の原因となります。

肌の乾燥が進むとバリア効果が弱くなって、肌トラブルが発生しやすくなります。

脂性肌であっても、洗顔は1日2度が上限となります。

にきび肌でも乾燥肌でも、洗顔時はしっかりした泡を作って顔に乗せ、すすぎ残しがないよう良く洗うことが前提です。

特ににきび肌の人はすすぎが甘く、肌に石鹸が残ると、そこから炎症を起こしやすくなるので、十分にすすぎきることが大切です。

洗顔に使う水は、熱すぎず冷たすぎない、ぬるま湯がベスト。

にきびに雑菌が触れないよう、すすぎ水は汲んだ水ではなく、流水を使って念入りに洗い流すようにしてください。

この頃はにきび肌のための洗顔料も販売されています。

日頃からにきびケアを心がけることで予防にもなるでしょう。