食事制限を主体にしたダイエットをしたことがある方の多くは、リバウンドをしたことがあるといいます。

食事制限のやり方や、食事量も戻し方とも密接に関わっています。

本来ダイエットとは、自分の健康を維持するために、増えすぎた体重を減らすというものです。

これに対して、体重が増えるのは日々の生活内容や、食事の習慣によっておきます。

効率的なダイエットには、体重が増えるメカニズムを理解することが大事になります。

基本的には普段の食事から摂るエネルギーより運動などで消費されるエネルギーが少ないと、あまったエネルギー分が脂肪などに変換されて、体に蓄えられてしまいます。

体重が増加するのは、脂肪が蓄積されるためです。

このため、食事制限を行うことで消費カロリー量を摂取カロリー量より多い状態にします。

食事制限によってカロリー制限を行うという考え方は理に叶っています。

しかし、人体は少ないカロリー摂取量に体を適応させる仕組みを持っています。

摂取量に合わせた消費しかしない体になるのです。

そのため、食事制限を続けているとやがて体が馴染んできて、ダイエットの停滞期になります。

実はこの事象が、リバウンドを引き起こしやすくなります。

少ないカロリー摂取に体が慣れた時にカロリー摂取を元に戻すと、一気に太ります。

リバウンドは、大幅な食事制限でダイエットをしたという人ほど起きやすい事象といえるでしょう。