コレステロール値を下げる効果のある成分が配合されたサプリメントは数多く販売されています。

コレステロール値を下げる効果のある成分や食品というと、DHA、レシチン、ビタミンB、大豆タンパク、高麗にんじん、ロイヤルゼリー、紅こうじ、キトサン、黒酢など様々あります。

原料や主成分によって、コレステロールの下げ方には違いがあるようです。

得に注目されている成分として、DHAがあります。

DHAとはドコサヘキサエン酸のことで、イワシやサバなどの青魚に豊富に含まれている栄養素です。

ドコサへキサエン酸は一般にはDHAと呼ばれています。

DHAはコレステロールの低下を助けるのみならず、血管の硬化を防いで血流を改善したり、細胞膜や血液が酸化作用によって損ねられないようにする作用があります。

高コレステロールによる、どろどろの血液をさらさらにしてくれる効果があるので、サプリメントとしても利用されています。

DHAは体内で生成することができないので、サプリメントで摂取するか、食材から取り入れるかする必要があります。

食事の改善によってコレステロールを下げる取組はある程度は効果はありますが、そのために毎日青魚を食卓に出し続けることは大変です。

サプリメントを使うことで、確実にDHAの不足分を補えます。

DHAサプリメントで確実に成分を摂取することが、コレステロール調整の糸口になるかもしれません。