新卒の採用率は低迷しており、就職活動が難しい時代が続いているといいます。

就職難が起こる最大に理由に、不景気が問題視されていますが、実はそれだけが原因では無いようです。

近年では、終身雇用が減少し、派遣などの働き方も一般化しつつあります。

正社員を減らす企業が増えたことが、新卒者の採用が決まりにくくなった背景にあります。

企業が、製造の現場でも新卒者を採用することは珍しい話ではありませんでした。

製造現場での働き手を正社員ではなく派遣や臨時でまかなう会社が増加傾向にあるために、正社員での働き口が減少することになったわけです。

より人件費の低い海外に製造工場を作る企業が増加したことで、正社員の新たな雇用が伸び悩んでいるともいいます。

現代の会社は、利潤を得るために余分なコストがかかる部分は片端からカットしています。

新卒者の場合、採用してから会社に利益を提供できるような人材になるまでは数年かかると言われています。

新卒採用が減少している原因には、このようなことがあります。

パソコンやFAXなど、新しく導入される数々の機械により、人の手を必要としない仕事が増えたことも関わっています。

団塊の世代が続々と退職しているにも関わらず、実際は新卒者の採用数は少ないまま、企業はどんどん仕事の効率化を図っているというのが現状のようです。