現時点で働いている人の中で、仕事を辞めたいと考えている人は、意外とたくさんいるといわれています。

人によって、どうしてその仕事を辞めたいのかは違います。

小さい頃からなりたいと思っていた仕事を、努力を重ねてようやくなったとしても、辞めたいという気持ちが全くないということは珍しいといいます。

辞めたいと思ったことがなかった仕事でも、状況が変わったことで気持ちが変わってしまうこともあります。

個人で行う仕事であっても、仕事を進める上では周りの人とのやり取りが不可欠なものです。

おのずと人間関係も生まれてきます。

実際に働く職場環境や、一緒に働く職場の人たちのさまざまな人間関係が原因で、仕事を辞めたいと感じる人も大勢います。

やりがいとは無縁の仕事を続けていて、やる気が全くでないために辞めたいという人もいます。

若い人の場合、年功序列制度が明確な会社にそれと気づかず入社すると、自分のことを認めてもらえないと感じることが少なくありません。

このことが、若い人が辞めたいと思う要因になります。

重労働の割には給与の増える見込みがなかったり、福利が行き届いていない職場であることが、辞めたい理由になることがあるようです。

給料や待遇のために仕事を辞めたい人は多いようです。