自分の標準体重を踏まえた上で、健康状態の維持に理想的な体型や体重を目指しましょう。

BMI法によって標準体重を決めるという計算方法が、標準体重の求め方の中では一般的です。

標準体重を決めるために必要な公式が、BMI法では定められています。

人が病気になりにくい状態とはBMI22だといいます。

BMI22の人が、日本国内の調査では高血圧や高脂血症が少なく、肝障害や耐糖能異常が発症しづらいといいます。

BMIを求める時には、体脂肪率は考慮されていません。

筋肉が多い人でも、脂質が多い人でも標準体重には差がないということになります。

標準体重で算出したものは、標準体型と同じものであるとは言い切れません。

筋肉は脂肪より重くできていますので、標準体重でも筋肉が多い人より脂肪が多い人の方が、外見はややふくよかに見えるといいます。

一方で筋肉質な人は体型以上に体重が重く出てしまうので、肥満と混同しないようにする必要があります。

理想の体型はこれと決まったものはなく、一人一人の希望によります。

体じゅうに適度な筋肉をつけたいという人もいますし、とにかくすらりとほっそりしたい方もいます。

標準体重と違い理想の体型はあくまでもその人の好みによるということが多いようです。