転職をやり遂げるためには、履歴書の何を注意しておくといいものでしょうか。

ビジネス文書作成にパソコンを利用するようになった今の時代です。

今では、履歴書の字が上手ではないからと転職活動で支障が出るということは滅多にありません。

とはいえ、どんなに上手な字でも、殴り書きや走り書きのような履歴書では評価は低くなります。

時間と手間をかけてきちんと書いた履歴書なら、字にクセがあったとしても担当者は気にしません。

転職活動の履歴書は、文字のバランスや空白を考えつつ、手書きで一文字一文字書いていなければいけないことがどれほど難しいか予想はつくというものです。

そのやりづらい作業をきちんと行っていることがわかれば、入社にかける意気込みや転職時の気構えが伝わるというものです。

丁寧に作成した履歴書は、字の上手下手に関係なく印象アップにつながるのです。

履歴書の書式には約束ごとがありますので、把握しておきましょう。

「以上」という言葉は職歴や学歴の最後に書きます。

履歴書を作成する時は、色の黒いペンを使います。

文字を書く時にミスをしたら、新しい履歴書で一から書き直すようにします。

写真はスナップ写真を切り抜いて使うのはNGです。

履歴書用に写真撮影したものを使います。

写真を貼る際は、裏に名前を書きます。

自身のPR効果がある履歴書を作るためにも、色々な点に心を配ってください。