リバウンドしないで減量するためには、食事制限だけではなく運動も取り入れた減量が理想的です。

筋肉がつくと新陳代謝がアップしますので、体重が減っても筋肉が減らないよう、運動を継続することは意味があります。

基礎代謝とは、安静にしていても生命活動のために消費する1日あたりのエネルギー量です。

人体はじっとしていても、一定のエネルギーを使っています。

基礎代謝は筋肉量に比例する為、普段から運動をしている人は、運動不足の人に比べて基礎代謝が高くなる傾向があります。

食事の量を減らす減量をする際は、同時進行で適度な運動をすることによって、ダイエットの効果が出ます。

1日に30分のウォーキングやダンベルを一週間に1、2回行うだけでも、ダイエットへのいい効果はある可能性が高いといいます。

体を動かすことで消費カロリーが増え、減量の効率もアップしてリバウンド対策になります。

リバウンドのない減量を目指すのであれば、栄養の偏りがない食事をすることも重要になります。

減量中は、カロリーが気になりますが、特にたんぱく質が不足しないように、鶏のささ身や豆類等を取るようにしましょう。

減量時にたんぱく質が必要になるかというと、基礎代謝を上げる為に筋肉量を増やすには、たんぱく質が必要になるからです。

減量に取り組む時にストレス対策をすることも、リバウンドを防ぐことになります。

ストレスと溜めこんでしまうと、満腹中枢が麻痺して過食しやすくなり、リバウンドの原因になる事がよくあります。

ストレスの少ない減量によって、リバウンドのリスクを軽減することが可能です。