一度はダイエットを達成したものの、直後にリバウンドが起きて体重が戻ってしまうことがあります。

リバウンドとは、ダイエット後に体重がダイエット前に戻ってしまう、もしくはダイエットをする前以上に増加してしまうことを言います。

一時的に脂肪を減らすことができた場合でも、それ以後に体重が元通りになってしまったら、ダイエット自体が無意味です。

しかも、せっかく減った体重が戻ってしまう事でぼ落胆度合いは相当なものです。

ダイエット前より太ってしまえば、何のためのダイエットかわかりません。

もしダイエットを達成できたとしても、その体重をキープすることが無理だったなら、ダイエットは失敗したと言わざるをえないでしょう。

では、ダイエット後のリバウンドの理由は何でしょう。

リバウンドが起きるのは、停滞期に入った状態でダイエットをやめた時です。

ダイエットの経験者なら、誰でも一度は身に覚えがあるのではないでしょうか。

ほとんどの場合、ダイエット当初はスムーズに減っていく体重も、しばらくすると全く減らなくなってしまう時期に入ります。

ダイエット内容は変えていないのに、効率が落ちるのです。

この時点は、決してダイエットのゴールではなく、あくまでの通過地点です。

ここでダイエットを中止してしまうと、確実にリバウンドは起こってしまいます。