ダイエットでリバウンドしない為には方法があります。

リバウンドを繰り返すとダイエットをしても効果が出なくなるといわれているのはご存知でしょうか。

リバウンドは、もともと体に備わっている生命維持装置、ホメオスタシスが働くことが原因とされています。

ダイエットをしている時にホメオスタシオスが機能し、停滞期に差し掛かっている時にダイエットをやめると、カロリーの吸収量が多くなります。

ダイエットをすることによって体が消費するカロリー量が減っていた場合、ダイエット前の摂取カロリー量にすれば摂取カロリーと消費カロリーの差分は以前より開いてしまうでしょう。

リバウンドは、どんな人にも等しく発生します。

また、摂取カロリーを減らすダイエットは、体に必要な筋肉も脂肪と共に減少する傾向があるといいます。

筋肉は、脂肪を燃やす機能を持っています。

そのため筋肉が少なくなるとその分、脂肪が燃える効率が低下します。

体によりエネルギーを貯めたいホメオスタシオスは、筋肉よりは脂肪を体に残すようです。

筋肉の低下はリバウンドのしやすさにつながりますので、状況は悪くなるばかりといえます。

食事量を減らしてダイエットをする人は多いですか、それはリバウンドしやすいやり方です。

食事制限によるダイエットを行う場合は、筋力を落とさないよう注意する事が、リバウンドを防ぐために大変重要なポイントとなってきます。